« 現地情報 | トップページ | ベースキャンプに下山 »

12月11日に日本を出発し、南極大陸最高峰のビンソンマシフ(4892m)登頂チャレンジしておりました片山右京は、日本時間12月27日午前2時ごろ(現地時間26日14時ごろ)に無事登頂を果たすことができました。

前日まではひどい悪天候に見舞われ、約1週間ハイキャンプのテントの中で回復を待っておりましたが、当日はそれまでの悪天候から一転、晴天に恵まれての山頂アタックとなりました。午前9時ごろにキャンプを出発し、ガイドと2名で5時間後に山頂に到着。
その後、無事ハイキャンプに下山したということです。

今回の登頂で、片山は七大陸最高峰7座のうち5座めの登頂成功(1996年モンブラン、1998年キリマンジャロ及びエルブルース、2008年マッキンリー、2009年アコンカグア)となりました。

今後はベースキャンプに下山したのち、飛行機で南極パトリオットヒルズまで移動し、天候が良い時を見計らってチリのプンタアレナスに移動、その後帰国の途に就く予定でございます。

皆様の温かいご声援に心より感謝申し上げます。

※「2009年アコンカグア」が抜けておりました。お詫びして訂正いたします。

« 現地情報 | トップページ | ベースキャンプに下山 »